車査定における複数の基準と優先順位

車査定における複数の基準と優先順位

車の査定金額を左右する基準は、色々あります。例えば、車の走行距離などはかなり大切なポイントですね。そうかと思えば車の色なども、案外重視されるものです。また車が販売された時期なども、査定金額には大きく関わってきます。

 

年式は走行距離よりも優先順位が高い

 

ところでそれらの様々な要素が、実は優先順位があります。上記で申し上げた中では、年式などはかなり優先順位が高いと言えます。
例えば車AとBがあるとしましょう。それぞれの車の走行距離が、10万キロと15万キロだとします。走行距離だけを見れば、車Aの方が買い取り金額が高くなると考えられる訳です。
ところが車の金額というのは、単純に走行距離だけで判定されるものではありません。前述の年式なども、それに大きく関わってくるのです。
例えば車Aが、いわゆる10年落ちのタイプだとします。それに対して車Bの場合は、3年落ちだとしましょう。ちなみにどちらも同じ車種だとします。
このような時には、車Aの方が買い取り金額が高くなる傾向があるのです。なぜなら年式というのは、走行距離よりも重視されるものだからです。走行距離がかなり長い車であっても、年式が新しければ高く評価される事もあるのですね。

 

査定の様々な基準と優先順位

 

また車の買取業者は、しばしば掃除をしておくべきと明示しています。各社のホームページを見てみると、車を掃除しておく方が買い取り金額がアップしやすいとアピールされていますね。
確かにそのような一面はあります。しかし年式に比べれば、やはり優先順位は低いですね。また前述の走行距離は、掃除よりは順位が上ですね。
このように車の査定の基準というのは色々な要素があって、優先順位に差がある訳ですね。基本的に年式は、かなり優先順位が高いと考えて良いでしょう。